UK生活備忘録

ロンドンに住んでる間の備忘録。ヨーロッパを旅行します。ロンドンのインスタ映え写真スポットを紹介。URLはちょっと間違えた。

後悔しないニューヨーク旅行 - Part 2:New Yorkでクリスマス&年越し編-

New Yorkブログ第二弾です。

Part1は基本的な旅行の準備、ご注意点の備忘録でした。
www.bealondonergirl.club


f:id:askubota:20180112205220j:plain


今回は特にクリスマス、年末年始時期に旅行する方向けの記事です。
これから旅を予定されている方は参考になれば幸いです!

クリスマスは店がやってない…困った時のチャイナタウン!


キリスト教徒の大事なイベント、クリスマス。
ということで、店が全然やってません!!!涙

ランチの時間、おなか空いたのにやってる店が
マックとかしなくて、本当に辛かった…


ただし、チャイナタウンは基本関係ありません!

NYのチャイナタウンはとても大きくて選択肢も豊富。
ちょっと小洒落た中華料理もいいのではないでしょうか。


チャイナタウンの場所はこちら↓↓

Googleマップで開く
https://goo.gl/maps/JL3RgXkooAk

NYCマンハッタン チャイナタウンのインスタ映えスポット

チャイナタウンに行ったついでに、
ぜひフォトジェニックなソフトクリームを試してください。


紫いものアイスクリーム&ピンクのコーン&Rainbow Sprinkle!
めっちゃ濃厚で味も美味しかったです。

f:id:askubota:20180112205151j:plain:w300


Soft Swerve Ice Cream

https://goo.gl/maps/iuD2UCsSJwu

年越しにタイムズ・スクエアに行きたい?!計画的に行きましょう。


年越しのニューヨークといえばタイムズスクエアのドロップボールですよね!

広場だしフラっと行ったら見られるんじゃないの?
とお考えの方!(私がそうだったんですけど…)

もしタイムズスクエアで年越しをしたいなら
昼ぐらいから現地で待機してないと無理です!!!

昼ぐらいから待たなきゃいけない理由


理由1: 夜行っても警察の鉄壁の壁で入れない!


御存知の通り、NYでは過去にテロで悲しい事件がありました。
これに伴ってNYPDの警備は超厳重。

大晦日のタイムズスクエアは完全に警察の壁で取り囲まれて、
どの道からも中に入ることができなくなります。


どの通路もパトカーと警官が封鎖。

f:id:askubota:20180112205200j:plain:w350

大きい道には大きい車!

f:id:askubota:20180112205208j:plain:w350


「どうしたら入れるの?」と聞くと
「5○thストリートと○thアベニューのところしか入り口がないよ」
とのこと。

なんと大きなタイムズスクエアの区画に入るための入り口が
たった一個しかないんです!


ただし昼間にいけば、壁を作っている最中なのと
やる気満々の人しかいないので、
そこまで大変じゃないらしいです。(友人談)


ちなみに昼から待っててトイレどうするの?
ってかんじですけど、おむつがスタンダートらしいです。

けっこう英語の記事でも、まじで最善策って書いてありました。

周りに公衆トイレはないし、
お店のトイレを使おうと一回その場所を離れると
二度と戻れないから、とのこと。


理由2: 唯一の入り口にたどり着いても長蛇の列!

ということで試しにその唯一の入り口に行ってみると
まあ当然ながらとんでもない列…

見た瞬間諦めました!笑

だって全然列は動いてないし、
絶対列で年越すことになるもん…

そんな長く待ってられない、けどTimes Squareは行きたい!という方


お金を払いましょう!!笑

タイムズスクエア内のクラブ、ホテル、バーなど
年越し用のイベントを開催しているところがたくさんあります。

チケットを買っている人は何時でも中に入れます。

ただし、私達調べによると一晩$300(ドリンク抜き)が
平均ってかんじでした…無理…

私のおすすめ年越しスポット:ブルックリン・ブリッジ


そんな私達のおすすめはブルックリンブリッジ、
もしくはブルックリン・ブリッジ・パークです!

おすすめする理由


いつ行っても大丈夫

私たちは23:30にブリッジに到着しましたが、
めっちゃいい場所がとれました。

たぶんもうちょっと遅く来ても大丈夫だったと思う。

あんまり外で待ちたくない!という人にはおすすめ。


そこそこ人がいるけど激混みじゃない

ベスポジが取れても、閑散としてたら嫌ですよね…

でもここなら大丈夫!
色んな国のグループがそれぞれ盛り上がってました。


花火が見える

一番大事なNew Year Firework!

自由の女神の奥の方から上がるのですが、
橋から見るとバッチリです。(ちょっと小さいけど)

まとめ


色々注意点はありますが、冒頭の写真のように
ニューヨーク為替市場でさえクリスマスカラー
けっこうレアですよね。

そんなスペシャルな経験ができるのもこの時期だけ!

ぜひ楽しんできてください。